ジャンルの選び方

アフィリエイトボンバー

マーケティング観点から考えるアフィリエイトジャンルの選び方

 

アフィリエイトで最も重要なことの一つにアフィリエイトプログラム選びというものがあります。

そもそもアフィリエイトサイトの目的は成約させたい案件に送客するのが目的で、なおかつ送った先で成約することがゴールなのでその送る先のアフィリエイト案件が成約しずらかったりそもそも需要がなかったりすると無駄に終わってしまいます。

何を売るか、つまりアフィリエイト案件を先に決めてからサイト作りに取りかかるのが基本だと思っています。

その方がサイトコンセプトとかも決まりやすいですからね。

というわけで今日は特に初心者にとって最も重要でおろそかにしがちなアフィリエイトプログラム選びについて書こうと思ったんですが、その前のジャンル選びがかなり長くなってしまったので今日はジャンル選びについて書きました。

次回プログラム選びに書きます。

実は私も相当適当にやっていましたが最近は真面目にチェックするようになりました。

選び方のポイント

CRI_IMG_6021-thumb-815xauto-18075

ジャンル選びは実はすごく重要でここで間違ってしまうとその後苦戦を虐げられます。

私がジャンル選びで気を付けていることは以下の点です。

    • 自分が興味があること
    • 取り扱う商材がネットで売れている物であること
    • 取り扱う商材がアマゾン、価格コムのイメージが薄い物であること
    • ライバルが多すぎないこと(強すぎないこと)

興味のある、または知識のあるジャンルを選ぶ

私は基本的に自分で記事を書いているため自分が興味がないジャンルをやることが出来ません。というかやる気が起きないというやつですね。

これは多分私に限ったことじゃなくて大多数の人が自分が関心のないジャンルについて調べたり記事書いたりするのが苦痛だと思います。

ライター雇って記事をどんどん発注出来るなら気にしなくてもいいと思いますが資金のないうちは自分が興味のある分野をやることだけを考えた方がいいでしょう。

本業で知識のあるジャンルをやると調べる手間が省ける上に適当なアフィリエイトサイトよりも良質なサイトを作ることが出来るのでお勧めです。

カードローンのABCの運営者であるはぐりん(@hagurin55)さんもかつてWiMAXの販売員の経験を活かしてWiMAXで確定200万も稼いだ経験があるらしいです。

参考記事:アフィリエイトで月100万円稼ぐための考え方と手法

私もフレッツ光の販売員をやっていた経験があるので初めて作ったサイトはネット回線系のジャンルにしました。

車に関する仕事をしていたら車買い取り、中古車査定等の案件がありますし病院や介護関係の職場で働いていれば求人ジャンル等もいいと思います。

本業、興味ある分野が案件に結び付かない時は?

そうは言っても本業や興味のある分野が案件に結び付かず、ジャンル選びに悩んでしまうということもあると思います。

その時は本当にそのジャンルが案件に結び付かないのかを今一度考えてみましょう。

例えば趣味が釣りやゴルフ、カメラとかでもそれらのグッズはもちろんですが、それ以外にも想定するユーザー層に需要がありそうなモノなら何でも売れる可能性があります。

例えば釣りやゴルフをやっている人はおそらく30歳以上の男性が中心でしかもそのほとんどが車を乗っています。そうすると車関係の案件も十分狙えるわけです。

ある程度アフィリエイトの知識、経験があり成約するキーワードや誘導の仕方等が分かる人なら別ですが、そうでない場合はたとえ成約から遠くとも極力自分が興味ある分野、知識のある分野の特化型サイトを作ることをお勧めします。

ネットで売れている物が売りやすい

売れている物を売るのはマーケティングの基本ですが、アフィリエイトの場合ネット販売のみに限定されるのでネットで売れていることが重要です。

特にネットでしか買えないもの、ネット通販のイメージが強いもの、サービスであることが望ましいです。

例えば、求人サイトや人材紹介、脱毛エステ、定期購入の健康食品等はネット通販で利用する割合が多いのでその分アフィリエイト市場も盛り上がっています。

ちなみに健康食品の通販購入率は49%となっています。実際調べてみると感覚で推測する以上に通販率が高い場合もあります。

参考記事:健康食品、消費者の約6割が利用。50 代以上は約3割がほぼ毎日利用

逆に生鮮食料品や日用品等を通販で購入する人は少なくアフィリエイト案件もほとんどありません。

※食品でもカニ等の高級食材はネット通販も多いです。

大手通販サイト等で売られていない物

通販でよく売れていても楽天やアマゾン等大手サイトから購入するイメージが強いものは避けるようにしています。

例えば家電製品やパソコン、デバイス等はアマゾンや価格.comのイメージが強いので、ヨドバシカメラのアフィリエイトリンクを貼ってもいつも使っているアマゾンか最安値を価格.comで調べられて他のサイトから購入されてしまう可能性が高いです。

健康食品や美容系の商品もアマゾンや楽天に多く売られていますがイメージが定着していないのであまり懸念する必要はないと思います。が、ポイント目当てで常に調べる人もいるため報酬単価によってはアマゾンや楽天の方がパフォーマンスが良くなる可能性もあります。

なので私はよほど有利な案件(価格が安い、報酬単価が高い等)があれば別ですが、基本的に家電製品やパソコン等他の大手通販サイトで買える商品は避けるようにしています。

ライバルが強すぎるジャンルは避ける

売れているジャンルを狙うのは基本ですが初心者がライバルが多すぎるジャンルに手を出すと結構しんどいことになります。

例えばクレジットカードやカードローン、FX等の金融系、保険、看護師、薬剤師、脱毛等のジャンルは高単価で稼ぎやすいジャンルと言われていますが、その分ライバルも多いです。

月数千万単位の法人アフィリエイターはそれらのジャンルで稼いでいるらしいです。

アフィリエイトの市場は大きくジャンルもたくさんあるのであえてそれらの激戦ジャンルを攻める必要はないんじゃないかというのが私の考えです。

競合サイトと被らない訴求方法が思いつけば狙ってみるのもいいと思いますが。

狙い目だと思うジャンル

teresa15133206-thumb-815xauto-12490

あくまで参考程度に。

    • 健康食品(酵素、青汁、サプリメント等)
    • 一般求人(転職、派遣、バイト等)
    • 一括査定、買取

ネット通販が盛んで、単価がそれほど高くないのでスーパーアフィリエイターがあまり狙わず、訴求ワードが多くロングテールで稼げそうということから選びました。

稼げるジャンル教えてください。

 

サイトの作り方    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: