アフィリエイトしやすいプログラムの選び方

アフィリエイトボンバー

担当者とか付いていない初心者のためのアフィリエイトプログラムの選び方

 

アフィリエイト初心者が始めにぶつかる壁はプログラム選びだと思うんですよ。

ASPに担当者がいたら相談出来るんですが始めはもちろんいませんしA8さんとかで承認率とかEPC(クリックあたりの単価)が見れたらそれを参考にすればいいんですが・・・

アフィリエイトってまあいろいろやり方はあるんですが普通「何を売るか」を決めて取り掛かるのが基本じゃないですか。

だからこの「何を売るか」つまりプログラム選びで失敗するともう半分くらい勝敗決まっちゃうんですよね。

プログラム選びってとても重要で、重要なんだけどこれが意外と良い情報がないので私も始め苦労しました。

なので今日はまだ担当者とかいない初心者の方向けにプログラム選びのコツみたいなものを解説しようかと思います。

ネットで成約しやすい商品を選ぼう

もうこれ基本中の基本だと思うんですよ。

だけどここで難しいプログラムを選んじゃう人結構います。

アフィリエイトって結局自分のサイトに訪問してもらってそこから購入なり申し込みしてもらうだけの仕事なんですよね。

だから商品購入にしても無料申し込みにしてもユーザーさんにネットで申し込んでもらわないとダメなんですよ。

クリック型報酬なら別ですが成果報酬型のアフィリエイトはもうこれ絶対です。

ネットで成約しやすい商品を選ぶこと

どんな商品が申し込みされやすい?

基本的に、

1.基本的にネットでしか申し込み出来ないもの

2.一般的にネットで申し込みするイメージが強いもの

3.お店で直接購入するのが基本だけどネットでもよく申し込みされているもの

4.一般的にネットで申し込みをするイメージがあまりないもの

の順にネットで申し込みされやすいです。

1番のネットでしか申し込みが出来ないものといえば、例えば求人・転職サイト、出会い系サイト、オンライン英会話、レンタルサーバみたいなウェブサービスとかですよね。ネット以外で申し込みする人なんてほとんどいないわけですからこれらは市場規模が大きければ間違いなくネットで成約しやすい商品なんですよ。

2番はネット以外の申し込みも普通にあるけど一般的にネットで申し込みするイメージが強いもの。

例えば脱毛とか人材派遣、健康食品、育毛剤、旅行、引っ越し、SIM、WiMAXとかですかね。こういういつも使うサービスじゃないものはどこに行けばいいか、どこに電話すればいいかネットで調べないと分からないのでネットで申し込みをする人が多いんですよね。

3番目の「お店で直接購入するのが基本だけどネットでもよく申し込みされているもの」は例えば家電量販店とかで契約出来る光回線やスマホ、あちこちショップがあるファッション、スーパーでも買えるカニさんなんかがそうでしょうか。

市場の大きさや商品の種類によって変わってくるので一概にレンサバよりWiMAXの方が良いとは言えませんが、少なくとも自分がアフィリエイトしようとする商品がネットで申し込みされやすい商品なのかを考えないといけないんですよね。

私は初めて作ったアフィリエイトサイトは光回線を売るサイトだったんですが、光回線ってネットで申し込みをするイメージって多分あんまりないんですよね。

逆にWiMAXって扱ってない家電量販店も多くてどこで契約できるか知らない人が多いんですよ。

市場規模的には光回線の方がずっと大きいけどアフィリエイトで申し込みが多いのはWiMAXなんですよね。

だから単純に競合サイトとかを無視すればWiMAXの方が稼ぎやすい案件ではあるんですよ。

よく調べたいものはネットで売れやすい

例えば健康食品とか男性なら育毛剤、女性なら美容製品みたいな悩みが深いものってネットで売れやすいんですよ。

みんな調べるから。

育毛剤とか健康食品とかどれが良いかわからないじゃないですか。

美白化粧品なんかも肌に合うかどうかわからないし、初めて使う人なら「危ないものが入ってたらどうしよう」って絶対思うはずなんですよね。

だから調べるんですよネットで。

ネットで調べる→この成分が肌に良いのか→これ良さそう→注文する

ってなるわけですね。

それらを踏まえた上でネットで成約しやすい案件って求人、育毛剤、脱毛、健康食品、出会い系サイト、美容製品・・・

ってなってきて、これらってやっぱりアフィリエイトでも売上が大きい案件の部類なんですよね。

市場規模を考えよう

自分がアフィリエイトするその商品、どれくらいの人が申し込みしているか、

って考えたことありますか?

例えば男性ファッションと女性ファッションって実は女性ファッションの方が3倍以上大きいんですよ。

国内アパレル市場に関する調査結果 2013

試乗

だから単純に(競合を考えなければ)女性ファッションの方が3倍売れやすいですし、グラフ見てもらったら分かりますが上の方にちょびっとだけある子ども服とか扱ったら余程シェアを奪わない限り稼げないんですよね。

出来る限りデータを見て検討する

まず全体的な市場規模を見て、次にネットでどれくらい申し込みされているかを調べましょう。

申し込み件数まではっきり分からない場合は購入を検討してそうな人が検索しそうなキーワードのボリュームをグーグルアドワーズ等でどれくらい検索されているか調べましょう。

ちなみに「WiMAX 評判」の12月の検索ボリュームは1,900回、「フレッツ光 評判」は590回でした。

つまりフレッツ光を売るサイトを作って「フレッツ光 評判」で1位になったとしても月に600くらいしかアクセスがないわけです。

そのうちの何人がクリックしてくれて何人が申し込みをしてくれるでしょうか。

ということを自分がこれから扱う商品で調べて「やるべきか」を検討しましょう。

どこの商品を扱うか

ネットで割と申し込みが多くて市場規模も小さくない!

成約しやすいキーワードで1位が取れたらそこそこ稼げる!

何を売るかがだいたい決まってきたら次はどこの商品を扱うか、まさにどのプログラムを扱うかを考えましょう。

あ、ちなみに私は1つのサイトで主力案件が最低3種類、変わりも含めて少なくとも5つ以上ある商品、ジャンルじゃないとやりません。1つの案件だとその案件がなくなったらサイトが死んじゃいますから。

承認率と期待値を考えよう

アフィリエイトは発生しても確定しなければ意味がありません。まあ成約が増えると担当が付いたりするので無駄とは言いませんが・・・

その担当者がいたりA8さんでランクがゴールド以上なら承認率が分かるのでいいんですが、それらがないと分からないので外れを引くと苦労します。

私も結構苦労しました・・・

なのでまず見れるところから、確定される条件をチェックしましょう。

たとえ同じような案件でも確定する条件の違いで期待値が大きく変わってくることがあります。

例えば求人案件の確定条件には、

    • サイト登録
    • 本人電話確認
    • 説明会、事業所来訪
    • 面接

等があります。

サイト登録だと間違って重複でもしない限りほぼ100%承認されます。

制約の一番難しい面接だとどれくらいになるでしょうか。

本人確認の時点で2~3割くらい減って、実際に求人会社に行く人がその半分くらい?そして残った半分の人が受けたいと思う会社があるかどうか、面接まで行きつくかどうか・・・

もちろん案件にもよると思いますが確率的に10人に1人もいないんじゃないでしょうか。

そう考えるとサイト登録で1000円の案件と、面接で1万の案件、どっちが期待値が高いかというとそりゃあ前者ですよね。

マイナーよりもメジャー企業の方が安心(おまけ)

後承認率の件でもう一つ。

発生するかどうかはコンピュータのプログラムによるものですが、承認するかどうかはマーチャント(広告主)の担当者が手作業で行っています(多分)。

なのであくまで予測の範囲を超えませんが承認するか否かは担当者のさじ加減一つで決まるのではないかと考えます。

プログラムに迷った時は出来るだけ信用できそうな企業を選びましょう。

ランディングページを見極めよう

ランディングページ(以下LP)とはユーザーがリンクを踏んで始めに訪れる広告主のページのことです。

成約のしやすさはこのLPに掛かっている部分もあります。

せっかく買おうと思ってそのサイト(広告主のサイト)に訪れても申し込みの仕方が分からなければ申し込みされない可能性があります。「よくわからんから後でいいや~」ってね。

単品購入するのに会員登録が必要なやつとかは成約しにくいです。

ネットに不慣れで初めて訪れる人でも申し込みしやすいLPのプログラムを選びましょう。

もちろん訴求力も重要です。

訴求が下手なプログラムもたくさんあります。

良いLP、ダメなLPの見極め方は・・・学習してくださいw

ウェブマーケティング、ウェブサイト運営者向けの本とか読めばだいたい分かってきます。

まとめ

上記を纏めると、

    • ネットで成約しやすい商品を選ぶこと
    • ネット申し込みが主流の商品が売れやすい
    • 逆にネット申し込みのイメージがないものは売れにくい
    • よく調べたい商品はネットで申し込みされやすい
    • 市場規模を考慮し、データを見て需要のあるものを扱うこと
    • 確定条件を確認して期待値を予測すること
    • マイナー企業よりもメジャー企業の方が安心
    • 申し込みされやすいサイトデザインのプログラムを選ぶこと

という感じでしょうか。

アフィリエイトでプログラムを選ぶということは販売店が扱う商品を決めるということと同じで、売れるかどうかの半分くらいはプログラムに掛かっていると思います。

めんどくさがらず売れやすい案件を探しましょう。

 

アフィリエイトの基本    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 高知県民 より:

    商材選びがいかに重要な要素(占める割合が大きいか)であることがよく分かりました。これからアフィリエイトに挑戦する私にとって、目からウロコが落ちる内容でした。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: