アフィリエイトで社畜から離脱した人のブログ

アフィリエイトボンバー

アフィロック(イベント)のレポとアフィリエイト始めて1年くらいたった感想とか

 

こんにちは。

エルモだった人です。

先日はアフィリエイターが1000人以上集まった大規模なイベント、アフィロックに出向いていました。

いやーアフィリエイターってすげーいっぱいいるんですね。

アフィロックではASP暴露大会やセミナー等様々なイベントが開催されたんですが、まあ基本的にネットで公開出来るような内容ではないので今回簡単な感想や思ったことと、ついでにアフィリエイトを始めてもうすぐ1年になるので思ったこととか適当に書こうかと思います。

アフィロックの感想とか

アフィロックでは先述した通り様々なイベントが開催されていたんですが、私は結構お話したい人がたくさんいたので事前に当選していた水野さんのセミナー以外のイベントに参加していなかったりしますw

それ以外は広告主さんのブースを少し回った程度で、後は事前にご挨拶したいと思っていた方々とお話したりしていました。

それと途中でホテルのチェックインに行ったり食事をしたりもしていたのでもう本当に時間がなくてせっかく来てくださってたASPさんと会話することもなく・・・

その割にお話したかったけど話せなかった人も多数いたりして、ちょっと時間が足りませんでした。

水野さんセミナーの話

今回初めてアフィリエイトのセミナーというものを受講したわけですが、水野さんのセミナーは良い刺激になりました。

外注化に関する内容はもちろんですがそんなことより・・・

「稼ぐ人ってめっちゃ働きますよね。」

って激しく思いました。その辺のサラリーマンよりずっと働いてますよ。

そりゃあそうだよね。

自分ゲームばっかやってる場合じゃねえだろw

とか思ってました。

セミナーの内容についてはここでは割愛しますが、水野さんのブログ、アフィリエイト戦記を読むと良いかなと思います。

二次会の話

アフィロック後は大阪ナイトで知り合った方が主催する二次会へ行きました。

ここでは結構真面目にアフィリエイトの話していた気がします。普段アフィリエイトの話とかする相手いないので何を話していいのかよくわからんという微妙な悩みもありましたが・・・w

「エルモ」

で分かってくれる人も多くて結構嬉しかったです。もうエルモじゃなくて申し訳ないです・・・w

アフィリエイト始めて1年くらいたった感想

アフィリエイトサイトを作るようになって来月で丁度1年になります。

それまで趣味でブログをやっていたので記事を書くことに対する苦労はありませんでしたがこの1年でアフィリエイトならではの壁にぶつかったりもしました。

例えば承認率とかね。

始めの1年は運の要素が強い気がする

1年やっててすごく思ったことなんですがアフィリエイトって結構運の要素が強いように感じます。

というかこれはアフィリエイトに限らずどんなビジネスでも最終的に数字の良し悪しは顧客(が買うかどうか)にゆだねられるので個人の実力が必ずしも結果に繋がるとは限らないんですよね。

どんなに腕の良い営業マンでも全然売れないという時もありますし、スピルバーグ監督でも裏では全然売れなかった誰も知らないような映画をたくさん作っていたりするわけです。

特に経験のないうちは何が上手くいくかもわかりませんしどこが失敗しているのかも分かりません。

私は始めに作ったサイトがたまたま月30万くらい稼ぐサイトになりましたがその後に(5月頃から)作った転職系のサイトは現在やっと月5万くらいしか稼げていません。

もし先に転職サイトをやっていたら今よりずっと稼げていなかったかもしれませんし逆にもっと稼げていた可能性だってあるわけなんですよね。

扱うジャンルやプログラムに関してもアフィリエイトの経験がないと分かりにくいクセのようなものも多いですし良いプログラムを扱えるかどうかで結果は大きく変わってきます。

その良し悪しなんて最初は誰かに教えてもらうか経験するしかありませんからね。

2年目以降からが勝負か

viploader2d613242

始めに作ったサイトはたまたま結構稼げるようになったんですがこれから他のジャンル、サイトで稼ぐことが出来るかどうか、そこからさらに伸ばしていけるか本当の実力が問われるかなと思います。

自分の場合ある程度知識は付いてきたので後はやるだけって感じですが、この「やり続けること」が一番難しく感じます。

もう本当にそこだけ・・・

最近あんまり聞かなくなった気がしますが、

アフィリエイトは苦行!

です。

でもまあやるしかない・・・

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: