アフィリエイトで社畜から離脱した人のブログ

アフィリエイトボンバー

下手なブロガーが書くレビュー記事は何故売れないのか

 

売れている人は読む必要なしです。

今でこそちょっとアフィリエイターっぽくなっちゃってますが、私はアフィリエイトを本格的に始めた期間より趣味でブログを書いていた期間の方が長いです。

ブログを書くのは好きなんですよ。

申し遅れました。

エルモです。

twitterでブロガーさんがCV(コンバージョン、成約)しないという話をしていたのでなんとなくCVに関する話をしたくなりました。

私も本格的にアフィリエイトサイトを作るようになったのは今年に入ってからのことで、大したこと書けませんが駄文にお付き合いください。

レビュー記事で商品が売れない理由

8月に一斉アドセンス停止祭りがあり、周りのブロガーさんがアフィリエイト活動をする動きが活発な感じがします。

が、いざ成果型報酬をやってみてもなかなか売れないなあと思っている人も多いんじゃないかと思います。

私もその一人で1月にアフィリエイトサイトを作ってからしばらくは全然売れなくて、CVR(クリックに対する成約率)が1%以下なんてことがざらにありました。

凄腕アフィリエイターさんが公開する情報でCVR10%とか見ていたのでやり方次第で上げられるとは信じていましたが、それがなかったらきっとこんなもんなん(CVR1%くらいのもん)だろうと思っていたと思います。

そうなんです。

CVRが低いのはやり方が悪いんですよね。

自分が良いと思ったモノが売れるという勘違い

実際に自分が使って良いと思ったモノしか売りたくないと言っていたブロガーさんを前に見た記憶があります。

この考え方、一見とても誠実でその誠実さが読み手に信用をもたらし売れるんじゃないかと錯覚してしまいそうになります。

しかし、実際私がアフィリエイトをするようになって言えることは、この考え方はただの書き手のエゴで売れるモノも売れなくなるということです。

というのも当たり前ですが自分が良いと思ったモノを読み手が良いと思うとは限りませんし、何よりブログサイトの運営者に、

「私が実際使って良いと思ったからこの商品は良い!」

と言われても誰もそんなこと(書き手が良いと思ったかどうか)に興味がないわけです。

レビュー記事では本格的に同類商品を並べて比較でもしない限り、基本的に数ある製品のうち自分が使ったことのある一つかせいぜい二つくらいを使用した感想くらいしか紹介することしか出来ません。

そのため、他の製品と公平に比較検討も出来ず、さらに自分が良いと思って書いているわけですから使用した製品にひいきした記事になってしまいます。

実際使った商品の方が売りやすいという勘違い

商品は実際使ってみたり、体験してみたりした方が記事も書きやすいですし売りやすい気もします。

しかし、実際は読む側にとって紹介している人が実際使ったかどうかなんて結構どうでも良い話です。

例えば化粧水の紹介で、

「ヒアルロンサン配合、添加物なし」のような成分に関する情報と、

「実際使ってみたらしっとり感が今まで使っていた製品と比べて全然違う!」

のような書き手の感想では、余程上手くブランディングが出来ていない限り読み手はおそらく前者(成分に関する情報)を重要視するでしょう。

どこの誰が使ったかもわからない人の感想なんて結構どうでも良いです。

もちろん+αでそういう個人の感想等があるとより良いですが、それも信用されていないと全く意味がありません。

ちなみに私はSIMのサイトを運用しているわけですが、実際自分が利用しているSIMは他のSIMに比べて別段売れているわけでもありません。

もちろん自分が一番良いと思って使用しているわけですし、記事にも数ある中からこれを選んで良かったと書いているにも関わらず売れないんです。

読者は泣けるくらいに書き手の感想を求めていません。もちろんジャンルやユーザー層によって差はあると思います。

自分が買う時のことを考えよう

私はアフィリエイトで商品(サービス)を紹介する時は「自分がネットで商品を買う時だったらこれが気になるなあ」と思う情報を書くようにしています。

SIMだったら価格と実質の回線速度、化粧水、ダイエット食品、健康食品なら成分、スマホならCPUやメモリ等の機能を見て選びます。

紹介している人が使ってどうだったかなんてどうでも良いです。

アマゾンや価格コムで商品を買う時に、販売者の感想なんて必要ありますか?

ユーザーレビューは見ても商品紹介はあんまり見てないことが多いと思います。

アフィリエイトに徹するなら自分が良いと思ったもの、使ったことがあるものを推すのを辞めてみましょう。

おまけ 書き手の感想が生きる時

感想なんてどうでも良いと言いましたが本来ブログはそれを生かすツールのはずです。

定期的にブログを更新していつも読みに来てくれるファンを増やしてそのファンに信用されることで、紹介した商品をファンが信用して買っていくというのが理想的です。

自分が信用する人がブログでオススメしている本やガジェットを「その人がオススメしているから良さそう」と思って購入したことありませんか?

著名ブロガーちきりん氏はメインブログの他にちきりんセレクトという物販専用ブログを運用しています。

どうってことのないブルーレイ紹介記事がツイッターで100以上シェアされています。

アフィリエイターには出来ない売り方ですね。

 

記事の書き方    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: