実は新しいメディアを作っていたので公開するよ!

いつもお世話になっております。

umiです。

最近はアフィリエイトに対するモチベーションがとても落ちていて、かといって何かしたいわけでもなく(笑)、深い理由もないのに精神的に参っています。

原因がわからなすぎて、解決方法が見つからない笑

 

そんなことはさておき…

今から約2年前、

「アフィリエイトだけだと将来厳しいかもな~」

「アフィリエイト以外のこともやっていかないとな~」

と思っていた時期があり(今も思っていますが)、その時に立ち上げたサイトがだいぶ形になって来たので紹介しようと思います。

オフで交流のある人は結構知っているやつなんですが、フリーランスに関する情報サイトです。

フリーランスFAN

このサイト、開設から1年半以上経ち、200記事以上入っていてアクセスもそこそこあるのですが、未だに収益化が出来ていません。というか何もしていない笑

実はすでに広告掲載の話やサイト買取の相談なんかも問い合わせから来てたりするのですが、どういった方向性で収益化していくか、未だに決めかねているところです。

今日はこのサイトを立ち上げた経緯、運用体制、今後の方向性などについてまとめたいと思います。

フリーランスメディアを立ち上げた理由

これはもう一言で言うなら、

「フリーランス需要が大きくなるだろう」

と思ったからです。

これは正直、当時(2017年の7月くらい)の自分の予想を遥かに上回るくらいの伸び方をしています。

フリーランス実態調査 2018年版を発表|Lancers

2017年か2018年までのフリーランス総人口は変わらずとも全体の市場規模は伸びていて、また2018年は副業解禁元年とされ、副業、フリーランスがちょっとしたブームになりました。

  • フリーランス
  • ランサーズ
  • クラウドワークス

などがテレビで取り上げることも多かったようで、テレビからの検索需要が急増したこともありました。

※下の画像は2018年の1年間のPV推移

また、少し前にフリーランスに関するツイートにいいねが1000以上ついた時は、「やって良かった」と心底思いました。

 

正直、「これ注力すれば勝てるんじゃね?」と思ったりもしました。今もしてます。注力するかどうかは気持ちの問題笑

フリーランスFANの運用体制

フリーランスFANは人材に恵まれ、ありがたいことに僕自身あまり関わることなく育つ環境になりました。

以前からライティングや編集を依頼していた松さん(@mats2_n)がディレクションを行い、ライティングは彼の知人(僕との共通の知人が多い笑)が担当しています。

松さんがキーワード選定や方向性を提案してくれるので、僕は「それで行こう」というだけです。これは本当に自分でもひどいなと思います笑

人に任せる際のポイント

交流のある人にこの話をすると高い割合で「どうすればそんな人を見つけられるのか」と聞かれますが、始めから任せられる人を見つけたわけじゃないんですよね。

ただ長く一緒に仕事をしていて、直接会う機会が増えれば任せられる仕事が増えていったというだけなんですよ。

最初はライティング、しかも「記事タイトル」や「記事構成(見出しなど)」を指定して、慣れてきたらそれらも任せる。

キーワードのみで依頼出来るようになれば、次は「キーワードから」となっただけです。

とにかく長く一緒に仕事をすることと、それに見合った報酬にすることが人に任せられるポイントかなと思います。

今後の方向性

今後どうするか、についてですが、収益化に関しては本当にあまり考えたくないというか、目を背けています笑

お金のために運営するのが嫌なんですよね多分。成果報酬型のアフィリエイトサイトには絶対したくないと思っています。多分パフォーマンス悪い。純広告にしたいところ。

ただ開設当初と今を比べて、フリーランス系の案件はものすごく増えていて、この辺りやはり可能性は感じますね。パフォーマンスは悪いと思うけど笑

取材記事を増やしたい

数日前に僕自身ほぼやったことがない取材、インタビュー記事に挑戦してみました。

ライティングは上述した松さんにお願いしました。僕は横で話を聞いて、最後に微調整しました。若干面白おかしく仕上げたので是非読んでみてください。

初の取材記事はこちら

これが結構楽しくて、今後も取材、インタビューしていきたいなと思っています。

元々「取材とか出来たら面白そう」というのもあって始めたメディアなんですよね。実現するまでに1年半以上掛かっていますが笑

まとめ

このサイトを一言でまとめると、

「今後の可能性は感じるけど現状では赤字でしかない」

ですね。

アフィリエイト報酬以外で報酬をもらったことがほぼないので、その辺どうすれば良いか相談出来る人いれば良いなーと思っているところです。

そんな感じで2019年もいろんなところに顔を出せたらと思っているので、よろしくおねがいします。

初のインタビュー記事はこちら

コメント